ホーム > 症状別 > 排便のお悩み

排便のお悩み

便秘・下痢・大腸炎など


【特徴・改善方法・対応できる漢方薬】


排便・便秘(うんち・大便)のお悩みを改善する漢方薬
便秘(べんぴ)

腸活と漢方薬

腸活とは、腸内環境を整えて健康な腸を維持することをいいます。腸の働きってすごく重要なんです。

 

実は、便秘の定義ははっきり決まっていません。毎日、便が出ない… だけでは、便秘とは言えないのです。排便の回数は個人差が大きいものです。

 

3日に1回でも調子のよい方もいますし、1日に2回出るのが普通という方もいます。ですから、「3日出ない」とか「4日でない」という回数の少なさだけでは便秘とは言えないのです。

 

 

まずは便秘かどうかチェックしてみましょう

 

☑️ 便が硬くて、いきんでも出ないことがある
☑️ 便通が減り、食欲がなくなっている
☑️ 便が出なくて、おなかが痛い
☑️ 便を出すときに痛みがある

 

いかがでしたか?

1つでも当てはまれば排便にトラブルがあるということなので「便秘」と言えます。

便が硬い場合は、直腸内に長時間とどまっていて水分が奪われているから。硬くなると、排便時に痛みが出ることもあります。また、直腸に便が居座っていると、次の便が出ることができず、ひどい腹痛をおこすこともあります。

 

便秘の原因は様々ですが、個人差が大きいため、同じ食事・同じ生活リズムでも、家族の中で私だけ便秘… というケースも多いです。

 

「便秘がちかな?」と思ったら、薬を試すよりも先にまずは生活習慣などを見直してみてくださいね。

 

 

繊維質の食事を毎食に取り入れる

イモ類(さつまいも・ジャガイモ・里芋など)、葉もの野菜(白菜・キャベツ・小松菜・ほうれん草・チンゲン菜など)、海藻類(わかめ・ヒジキ・めかぶ・昆布など)を少しづつでもよいので毎食に取り入れる工夫をしましょう。

 

また、便の原料となる炭水化物も大切です。

 

 

「出す」習慣をつけよう

時間がなくて…、朝は忙しくて…、と「出す時間」を作らないことも便秘の原因の1つです。

 

毎朝ちゃんとトイレに座る時間を作りましょう。「したくなったら出るだろう」ではなく出す習慣をつけることが大切なのです。

 

 

早寝早起き、食事時間の見直しも

朝に「出す時間」をキープするためには、朝食終了の時間を少しはやめる必要があります。そのためには起床時間を早め、就寝時間を早め、最終的には夕食の時間も早めることが必要です。

 

逆算して、朝に時間の余裕を持たせましょう。どれも当たり前のことでですが、ご相談してみると全部キチンと実行している方は意外と少ないのです。

 

それでもダメなら、薬を使うことを考えましょう。

 



いかがでしたか? 漢方の便秘薬は何種類もあります。
便秘のタイプによって使う薬も違いますので、
漢方薬を試してみたいという方は西山薬局までご相談ください。

新潟市の漢方薬専門店


\ご相談日時のご予約・お問い合わせお待ちしています/

“新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」のご相談予約ダイヤル"
新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」のLINE(ライン)公式アカウント
“新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」のメールフォーム"


新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」の店舗外観

新潟市中央区本町通4番町221 駐車場2台分


新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」のメディア実績ページへ
2017全国実力薬局100選「漢方・相談薬局部門」受賞:新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」
2017全国実力薬局100選「子宝部門」受賞:新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」
新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」のセミナー・講演実績ページへ

ご利用頂けるクレジットカードの例

新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」でのお支払いにご利用頂けるクレジットカードの例

ご利用頂けるバーコード決済の例

新潟市の漢方薬専門店「西山薬局」でのお支払いにご利用頂けるバーコード決済の例


西山薬局のホームページをアナタの大切なご友人にご紹介ください