新潟で漢方で体質改善
はじめての漢方相談 漢方についてQ&A 不妊症かな? 漢方西山薬局のご案内
HOME > 薬草図鑑トップ > 薬草図鑑〜た行〜
漢方について相談する
体質チェック
不妊周期療法とは?
不妊症Q&A 質問箱
漢方について問い合わせ
漢方についてのリンク
地図はこちら
ご相談はこちらから
ご相談は予約優先となっております。
お電話
025−222−8375
営業時間
  平日10時〜19時
  土曜10時〜17時
定休日/日曜・祭日
※土曜日は大変混み合いますので、ご予約はお早めにお願い致します。

薬草図鑑 〜た行〜

タラコンピ

タラコンピ

科名/属名 ウコギ科

亜高山帯の針葉樹林内に自生する落葉低木。
- 特徴 -
葉は大型の2回羽状複葉で、小葉は対生し、卵形できょ歯があり、下面は帯白色で毛がある。花期は8月頃で細かい白色花を多数つける。鋭い棘のある品種とない品種がある。
*** お召し上がり方 ***
胃炎、胃潰瘍、糖尿病などに20gを煎服すると吐き気を止め、小水の出をよくするとされる。また糖尿病にはカキドオシを加えて煎じると効果的とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

タラノキ

タラノキ

科名/属名 ウコギ科

亜高山帯の針葉樹林内に自生する落葉低木。
- 特徴 -
葉は大型の2回羽状複葉で、小葉は対生し、卵形できょ歯があり、下面は帯白色で毛がある。花期は8月頃で細かい白色花を多数つける。鋭い棘のある品種とない品種がある。
*** お召し上がり方 ***
胃炎、胃潰瘍、糖尿病などに20gを煎服すると吐き気を止め、小水の出をよくする。また糖尿病にはカキドオシを加えて煎じると効果的とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

チクヨウ

チクヨウ

科名/属名

イネ科のハチクの葉のことを竹葉という。
- 特徴 -
ハチクは中国原産であつが、西日本にも野生化しておりモウソウチクやマダケとともに三大竹のひとつで、呉竹ともよばれる。
*** お召し上がり方 ***
葉の成分にはトリテルペンのグルチノール、グルチノンなどほほかペントーザン、リグニンなどが含まれ、解熱・利尿作用が知られている。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

チユ

チユ

科名/属名 バラ科ワレモコウ属

古くから秋の風情を表す植物の一つとして鑑賞され、和歌などに詠まれた多年草。日当たりよい草原や山野に自生する。
- 特徴 -
全体に毛がなく、茎は硬く直立し、高さは1m以上になる。秋には茎の頂が枝分かれし、枝の先に直立した穂状花序をつくり、暗紅紫色の花弁のない花をつける。
*** お召し上がり方 ***
下痢や吐血、子宮出血の際の止血に乾燥した根茎10〜15gを煎じ1日3回に分けて飲用、外傷による出血部位の止血や消炎には同じ煎液で傷口を洗うと有効とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

テンチャ

テンチャ

科名/属名 バラ科

桂林の置く地に広がる標高500〜1200mの山岳地帯に自生する。
- 特徴 -
バラ科以外に、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科の植物を使った甘いお茶もテンチャと呼ぶが、花粉症に有効と確認されたものはバラ科のもの。
*** お召し上がり方 ***
テンチャの有効成分である『甜茶ポリフェノール』が、抗炎症・抗アレルギー作用を持つことが示され、花粉症・アレルギー性鼻炎に効果が期待される。2〜5gを500mlの水に入れ、5分ほど煮出してお茶代わりに飲用する。
【注意事項】
通常の食材に近い成分であり、問題となる健康被害や副作用は知られていない。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

※トウゴマ

トウゴマ
*** 期待される薬効/用い方 ***
腹水をとったり瀉下剤に使用される。また、彼岸花の塊根の薄皮をとり、トウゴマの殻をむいて、等量を混ぜ、すり鉢などですり潰して、足の土踏まずに塗ると足のむくみに有効とされる。
【注意事項】
食用禁忌


参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

トチュウヨウ

トチュウヨウ

科名/属名 トチュウ科トチュウ属

中国原産の落葉高木。中国では漢方薬として古くから用いられていたが、日本への渡来は比較的新しく、大正時代である。
- 特徴 -
樹高は20m前後、樹皮は灰褐色。4〜6月に15〜20年以上の木から一部分の皮をはぎとり、粗皮を削り去り陽乾し、風通しのよい場所で風乾、保存。折ると白糸を引くものが良品とされる。
*** お召し上がり方 ***
成分に末梢血管を拡張し、血流をよくする働きがあり、血圧の降下、関節炎の軽減に効果がある他、利尿作用があるため、むくみの改善や二日酔いにも有効とされる。乾燥させた樹皮を1日5〜10gを煎服するか、葉5〜6gを水1.5lほどで煮出してお茶代わりに飲用する。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

ドクダミ(十薬)

ドクダミ

科名/属名 ドクダミ科ドクダミ属

東アジア原産のドクダミ科の落葉多年草。 古くから生薬や民間薬、お茶などに利用されてきた身近な多年草。
- 特徴 -
独特の臭気があり、そのため和名は毒を溜めているのではないかという「毒溜め」から、また古くから民間薬として使われてきた事から痛みや毒に効く「毒痛み」「毒止み」に由来すると言われる。
*** お召し上がり方 ***
おもに利尿、緩下、解毒の民間薬として用いられる。 生と乾燥したものでは薬効が異なり、乾燥は煎じて飲用し、生は外用として使用。高血圧・動脈硬化・むくみなどには乾燥全草20〜30gを煎じ、1日3回に分けてお茶代わりに。慢性鼻炎には揉んで柔らかくした生の葉を丸めて鼻に詰める。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房
このページのTOPへ
トップページへ戻る
Copyright(C)2007 西山薬局 All Rights Reserved.
内臓 五臓六腑 食事療法 ロハス 季節 変わり目 体調崩さない デトックス 体内 運動 効く 西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通4番町221番地
TEL 025-222-8375 FAX 025-223-3095
個人情報について