新潟で漢方で体質改善
はじめての漢方相談 漢方についてQ&A 不妊症かな? 漢方西山薬局のご案内
HOME > 薬草図鑑トップ > 薬草図鑑〜ま行〜
漢方について相談する
体質チェック
不妊周期療法とは?
不妊症Q&A 質問箱
漢方について問い合わせ
漢方についてのリンク
地図はこちら
ご相談はこちらから
ご相談は予約優先となっております。
お電話
025-222-8375
営業時間
  平日10時〜19時
  土曜10時〜17時
定休日/日曜・祭日
※土曜日は大変混み合いますので、ご予約はお早めにお願い致します。

薬草図鑑 〜ま行〜

マタタビ

マタタビノミ

科名/属名 マタタビ科マタタビ属

山地の林縁や谷沿いなど、やや湿った場所に自生する落葉つる性木本。
- 特徴 -
10月頃、マタタビアブラムシが寄生して、虫こぶになった果実を採取し、熱湯に入れて中にいる虫を殺してから日干しにする。
*** お召し上がり方 ***
冷え症、神経痛、利尿、むくみなどには虫こぶになった果実200gで薬酒を作り、朝晩盃1杯を飲用すると有効とされる。
【注意事項】
薬用には虫こぶになった果実のみを使用する。手足がほてるなど、局部に熱感のある方は用いてはいけないとされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

マツバ

マツバ

科名/属名 マツ科マツ属

マツは古くから木造建築の梁や棟木として用いられてきた重要な樹木である。
- 特徴 -
高さ30〜50m。幹の樹皮は赤褐色で亀甲状に割れる。
*** お召し上がり方 ***
高血圧の予防に松葉酒を製して20mlずつを1日3回飲用、また喘息、冷え症、不眠、神経痛などにも10〜20gを煎服すると有効とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

マツヤニ

マツヤニマツ

科名/属名 マツ科マツ属

マツは古くから木造建築の梁や棟木として用いられてきた重要な樹木である。
- 特徴 -
7〜8月ごろ、幹に傷をつけ、滲出した生松脂を集める。一般に生の樹皮を松ヤニとよぶ。松ヤニを乾燥したものを松脂という。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

メグスリノキ

メグスリノキ

科名/属名 カエデ科カエデ属

宮城県以南の山地の谷間や山の中腹に自生する落葉高木。
- 特徴 -
高さ10〜15m。樹皮は灰褐色で成木では縦に割裂する。和名は葉や樹皮などを煎じて洗眼薬としたことから。
*** お召し上がり方 ***
ただれ目や角膜炎、ものもらい、白内障の進行止め、肝炎などには、乾燥枝・葉10〜15gを煎じて1日3回飲用、また煎液で洗眼も効果的とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房

モモノハ

モモノハ

科名/属名 バラ科サクラ属

中国原産のバラ科の落葉小高木。食用、観賞用として世界各地で栽培されている。
- 特徴 -
葉は互生し、被針形または広被形、長さ8〜15cm。果実は弥生時代にはすでに日本に渡来し、果物として食されていたとされる。
*** お召し上がり方 ***
あせも、湿疹、かぶれには、乾燥葉2つかみほど袋に入れて、浴槽に浮かべて入浴すると効果的とされる。
参考文献:「漢方のくすりの事典」鈴木洋著 医歯薬出版株式会社、「薬になる植物図鑑」増田和夫著 柏書房
このページのTOPへ
トップページへ戻る
Copyright(C)2007 西山薬局 All Rights Reserved.
内臓 五臓六腑 食事療法 ロハス 季節 変わり目 体調崩さない デトックス 体内 運動 効く 西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通4番町221番地
TEL 025-222-8375 FAX 025-223-3095
個人情報について