新潟で漢方で体質改善
はじめての漢方相談 漢方についてQ&A 不妊症かな? 漢方西山薬局のご案内
HOME > ストレス
体質チェック
地図はこちら
ご相談はこちらから
お問い合わせ・ご予約
025-222-8375
  
営業時間
  平日10時〜19時
  土曜10時〜17時
  管理薬剤師:西條弓子
  登録販売者:西條信義

定休日/日曜・祭日


 





質問はLINE@からどうぞ!!
@kanpou2480
検索『漢方薬の西山薬局』






ストレスは老化を早めたり、病気の原因になることもあります。

中国医学では、ストレスがたまると「気」のめぐりが悪くなり、怒りっぽくなったり、イライラした状態になりやすくなると考えます。
薬膳料理の世界では、香りのある食材を取り入れます。

ハーブや香味野菜(三つ葉、セロリ、茗荷、春菊など)

柑橘系の香り(レモンレモン、オレンジオレンジ、グレープフルーツ、柚子ゆずなどの柑橘系の香りは「気」をめぐらせて、イライラや不安感を和らげる作用があります。 

香りのよいお茶お茶(ジャスミンティー、ミントティーなど)も「気」のめぐりを良くします。


「気」のめぐりの悪さは、上手なストレス発散で防ぐことができますが、避けられないストレスがある場合や、症状が強い場合には漢方薬やサプリメントの力を借りることも有効です。

逍遥丸【第二類医薬品】

ワタナベオイスター【健康食品】

神経性の胃腸炎には胃腸薬?

ストレスを感じると、胃が痛くなることってありませんか?
顔はポーカーフェイスごまかせても、胃腸は正直・・・不快感を現します。

ストレスが引き金になって起こる消化管の異常を神経性胃炎・腸炎といいます。

内視鏡で検査しても異常が見つからないのに、胃や腸に違和感や痛みなど症状がある病気です。


症状としては、吐き気・ムカつき・胸やけ・痛み・食欲不振、胃酸が上がってくる・もたれ・すぐにお腹がいっぱいになるなどです。

精神活動に影響されるのは胃だけでなく、十二指腸や大腸も同じで、神経性胃炎、潰瘍、過敏性腸症候群、食欲不振、便秘や下痢など消化管のトラブルはストレスが引き金になることが多いようです。

漢方的に考えると、このような体質を改善するには胃腸を丈夫にするだけでは不十分で、胃腸と同時に「肝(かん)」を強化することが必要です。

肝の働きの1つにストレス処理があります。ですから、胃腸のケアと一緒に肝のストレス処理能力を高めてあげることが神経性胃腸炎の改善につながります。

胃腸の漢方薬も肝の漢方薬も、たくさん種類があります。
加味逍遥散、開気丸、、小柴胡湯、大柴胡湯、柴胡桂枝湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、四逆散、抑肝散、抑肝散加半夏陳皮、五積散、柴胡清肝湯、柴朴湯、明華順心 などあります。

自己判断で飲まず、専門家と相談して処方を決めましょう。



※ご相談は予約制です。必ずご予約ください。
↓↓↓






質問はLINE@からどうぞ!! @kanpou2480 検索『漢方薬の西山薬局』

このページのTOPへ
トップページへ戻る
Copyright(C)2007 西山薬局 All Rights Reserved.
西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通4番町221番地
TEL 025-222-8375
個人情報について