西山鍼灸院の不妊に関するQ&A
新潟の西山鍼灸院は女性の悩みを漢方と鍼灸で解決いたします。

西山鍼灸院の不妊に関するQ&A

Q:卵子は治療で増えますか?

A:現代医学でも東洋医学でも増やせません。
人生で一番卵子を多く持っているのは胎児のころ。
胎児期4~5か月で約600~700万個もの卵子を持っています。
しかし、出生時には200万個までに減り初潮を迎えるころには30万個に。
さらに妊娠適齢期28歳時は20万個。 40歳位には3万個までに減っていきます。
約40年間の生理で排卵される卵子は480個。
その他数十万個の卵子は、成熟することなく吸収されて寿命を迎えます。
男性の精子とは違い、女性は増えることはありません。
妊娠力の底上げには、効果の薄い健康食品やサプリメントではなく、漢方薬や鍼灸治療をおすすめします。

Q:卵子や卵巣も老化しますか?

A:はい。
胎児期5~6か月の頃、約600~700万個もっていた卵子は出生時には200万個へ数が減っていきます。
出生時から右肩下がりに減っていく卵子。
毎月28日の周期で、生みたて新鮮の卵が排卵されているのではないのです。
この卵が作られたのは、生まれる1年前ですので、「実年齢+1歳」がその卵の年齢なのです。 あなたより1歳年上のお姉さんということです 年齢を重ねるごとに、疲れやすくなり肌ツヤも悪くなり、シミやくすみ、たるみも出てきて老化を感じます。
基本的に卵子も同じです。
20代の頃は、きれいな円形の卵子が多いのですが、30代後半になると楕円形や形のいびつなものが多くなると言われております。
形の整っていない卵は、受精しにくい、分割しにくい、受精しても着床しにくい、などリスクがあるようです。
卵を育てるクロミッドやHMGなど便利なお薬で、妊娠できる環境になりました。
しかし、今抱えている不快な症状は治りましたか?
生理痛、冷え性、イライラ、便秘、周期が整わない、高温期が短い・・・
こういった問題を棚上げしておいては、良い結果も出にくいと思われます。
ここ最近、人気の健康食品やサプリメントに欠けているものは、市場に出回ってから歴史が浅く効果が検証できないこと、治療にはならないことです。
本当に、妊娠力の底上げにつながるのは数千年の歴史を誇る漢方薬や鍼灸治療が一番だと私は日頃感じております。

Q:血液検査は健康診断の結果じゃダメなんですか?

A:婦人科で検査を受けてください。
薬局や鍼灸院で、子宝相談を初めて受ける方へお願いするのが不妊治療を開始した際に検査したデータをお持ちいただくことです。
「血液検査なら、つい最近健康診断で行いました」といっても、そのデータを見てもあまり意味がないのです。
たとえば、内科では血液検査で肝機能や中性脂肪、腎機能や貧血の有無、が中心となります。
産婦人科で行う血液検査は、卵巣機能や子宮内膜症か否か調べる事が目的だったりするのです。
もちろん、甲状腺や副腎や貧血を調べる場合もありますが、多くの検査は一般的な血液検査とは違うものです。
東洋医学による体質の判断は、「気」だとか「津液」がどうだとか非科学的な事ばかりではなく、不妊症の場合はあくまでも現代医学的所見に基づきます。
視床下部や下垂体に原因があるのか、あるいは子宮や卵巣機能に問題があるのかは基礎体温などを参考にさせていただき、そこに古くからある東洋医学の技で対応していくのです。
例えば、FSHが高くE2やP4が低ければ卵巣機能の低下が疑われ、基礎体温がギザギザで排卵してそうもないのであればPRLが高い可能性もあります。
2年以上避妊をせず、普通に夫婦生活を営んで妊娠しなければ、不妊症といわれます。
薬局や鍼灸院を最初に訪れる前に、どこに原因があるか調べるためには現代医学的所見が必要です。
まず、基礎体温を測り、産婦人科を受診。
そして必要に応じてフューナーテスト、頸管粘液検査、子宮卵管造影検査、精液検査、経腟超音波検査など検査は進みます。
卵管がしっかり通っていて、卵胞が成熟しきちんと排卵。
十分な運動精子が放出されてしかも頸管粘液の分泌もしっかりある。
この条件が整わなければ、自然妊娠には程遠いのです。

Q:基礎体温って必要ですか?

A:早く妊娠したいなら毎日つけるべきです。
毎朝測る基礎体温。鍼灸治療や漢方相談では情報を収集するツールとなるため、非常に重要視しております。
基礎体温からわかるものは
・排卵の有無
・卵胞発育状態の推測
・排卵の状態
・排卵日を推測してタイミングをとる
・黄体機能を推測
・中医学的体質チェック
そして妊娠チェック。
意外に多くの情報が詰まっていると思いませんか?
ご自分の体温の特性を知るには2~3か月の測定が必要になります
タイミング法やAIHの治療を受けていても、毎日つけていただきたいものです。
妊娠を希望される方のお悩みで、多いもののひとつが「体温」に関するものです。
体温全体が低い、排卵後の温度上昇に時間がかかる、高温期が短い、途中で下がる、などなど。
中医学(中国伝統医学)ではこれらの症状を「腎虚(じんきょ)」といいます。
現代医学的な考え方と少し違う腎臓の腎。
血液をろ過して尿を作り出す作用のほかに、老化現象、生殖能力、骨の異常など「腎の衰え」として古来より考えられてきました。
腎虚に対しての鍼灸のアプローチは、腎兪、太谿、復溜など足の少陰腎経や足の太陽膀胱経のツボを主に使い、治療を行います。
冷え性の方には、昔からお灸を併用するものですが、不妊症周期療法の西山鍼灸院では深部体温の上昇が期待できるインディバを併用しております。


■梅安先生の漢方劇場(UX新潟テレビ21)女性不妊について
  西山鍼灸院の院長が女性不妊について約30分お話しいたしました



Q:子宮後屈だと自然妊娠が難しいですか?

A:そんなことはありません。
子宮は受精卵を発育させる器官。
直腸と膀胱に挟まれるように位置します。
成熟女性で大きさはほぼ鶏卵大、全長は約7センチ。
通常はやや前に傾いた形になっています。
しかし、逆に後ろに傾いた形になっている人も居ます。
「子宮後屈」です。
昔からよく言われているのが子宮後屈と不妊症との関係。
子宮が前傾でなく後ろに傾いているとうまく精子を吸い上げることができないと。
しかし膣の中にはもともと空洞があるわけではなく、扁平。
射精の時に精液に含まれるプロスタグランジンの働きで子宮を収縮させてスポイトのように吸い取ることができるのです。
子宮が前傾してなければならないというわけでもなく、例え子宮が後屈していても
精液をうまく吸い上げることはできます。
子宮後屈を気にされる方は非常に多いわけですが、後屈になっている原因そのもの、例えば子宮内膜症や腹腔内や卵管の癒着をどうやって対処するかを考えた方が良いのです。
ネットや雑誌の情報によると子宮が後屈しているから、後背位で性交渉をすると妊娠しやすいとか。色々な意見もあります。 しかし、子宮後屈で後背位による性交渉が妊娠に至るか否かは証明する根拠もデータが無いのが実情なのです。
一般的に、もっともペニスが奥まで挿入される体位は「正常位」。
いずれのケースも子宮の入り口「子宮頸管」に最も近いわけですので、妊娠に一番適しているのではないでしょうか。

Q:女性ホルモンって何ですか?

A:排卵や月経を起こすために欠かせない物質です。
自律神経の最高中枢の視床下部、その下に位置する下垂体は、排卵や月経を起こす司令塔でもあります。
視床下部から命令された下垂体は卵巣への指令をFSH卵巣刺激ホルモンやLH黄体化ホルモンで送ります。
また、卵巣は成熟してきた卵胞からエストロゲン(卵胞ホルモン)や排卵した後の卵胞からプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌して、脳とキャッチボールをします。
例えば、月経が2~3か月に一度の月経不順や、まだ生殖年齢なのに月経が止まってしまう方。
このような場合は、視床下部、下垂体、卵巣のいずれかに原因があるのです。
過度なダイエットで月経が止まってしまったというケースは、視床下部に問題がある場合が多いようです。
ダイエットをした覚えがないのに、若くして月経が来なくなってしまうケースは早発閉経と呼ばれ、卵巣に原因があります。
また、分娩時に大量出血して月経が止まってしまった場合は下垂体を疑います。
不妊治療においては、高温期が短く、低い場合は黄体ホルモンを補います。
卵の成長が遅い場合はFSHと同じ成分のホルモンを使ったり、排卵を卵が成熟するまで遅らせることも可能です。
現代医学での治療は、それぞれ不足しているホルモンを補う方法です。
妊娠のプロセスをサポートする点は非常に優れております。しかし体質は何も変わってないわけですので、基礎的な土台作りの対策はまだ足りないように思えます。
荒れた土地に種をまいても、育ちませんよね。
漢方薬や鍼灸治療で、ホルモン療法と同じことはできません。
しかし畑を耕してしっかり肥料を与えて準備をしてからという体づくりは優れているといえます。
不妊治療と漢方や鍼灸を併用されるかたが、ここ十年で急増しております。
初婚年齢が上がり、晩婚晩産化がすすんでいる事が背景にあるようです。

Q:月経があれば排卵してますか?

A:必ずしもそうとは限りません。
月経が終わると子宮内膜は、大きくなってきた卵胞から分泌されるエストロゲンにより厚くなり、排卵後にはプロゲステロンも加わり子宮内膜は柔らかくなり、受精卵が着床しやすくなります。
受精卵が子宮内膜に着床しないと、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量がどんどん減ってきて子宮内膜を維持することができなくなり出血がはじまります。
これが月経です。
要するに、月経はホルモン分泌量の変化(減少)によって起きます。
「月経があれば排卵している」と思いますか?
実は、必ずしも排卵しているとは限りません。
排卵は、月経期の後の卵胞期に成熟してきた卵胞から分泌されるエストロゲンが間脳~下垂体系に200pg/ml以上2~3日続くと、LH(黄体化ホルモン)が一気に放出されて排卵が起きます。
何らかの原因で卵の育ちが悪くエストロゲンの量が不足していると、LH(黄体化ホルモン)の放出が上手くいかなくなり、排卵しないこともあります。
その時の基礎体温は高温期への体温上昇に時間が掛かったり、低温相と高温相の温度差が少ないケースが多いものです。
月経があるのに排卵していない方は、「無排卵周期症」や「黄体化無排卵症候群」が考えられます。
逆に排卵があるのに月経が来ないケースは「アッシャーマン症候群(子宮内腔癒着)」の疑いが。

Q:基礎体温が二相性なら排卵してますか?

A:必ずしもそうとは限りません。
BBT基礎体温を測り始めると、低い体温が続き体温が上昇して高い体温が続くことがわかります。
排卵後に体温を上げているのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が排卵した卵胞から分泌されるからなのです。
黄体ホルモンの作用は、体温を上げることの他に、子宮内膜分泌(柔らかくする)作用、妊娠の継続、皮脂分泌促進など。
ほとんどの方が排卵と黄体化が同時に起こりますが、一部の方は排卵しなくとも体温が上昇することもあります。
卵の成長が遅かったり問題があったり、排卵しなくても自分の周期というものがありますから、卵胞が萎縮しながら黄体化して黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されるからなんですね。
排卵を正確に診断するには、超音波検査が不可欠です。検査でLUF(黄体化未破裂卵胞)と診断される場合もあります。
LUF(黄体化未破裂卵胞)の方は、子宮内膜症やPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、開腹手術の既往がある方や腹腔内の癒着がある方が比較的多いようです。
基礎体温だけで100%排卵しているか否かは、判断できないものなのです。
卵の成長に問題があり黄体機能不全や、高温期が短い人にはヒスロンやプロベラ、デュファストンを使います。中身は黄体ホルモンです。
外から黄体ホルモンを同じ作用のお薬を投与し、体温の維持や高温期のサポートをしています。
でも、よく考えてみると体質は何にも変わってないのです。
自分できちんと黄体ホルモンを分泌させるような体質改善は、漢方薬や鍼灸治療といった日本でもお馴染みの伝統医学が良いようですね。

Q:排卵日を予測する方法はありますか?

A:あります。
脳下垂体から放出されるFSH(卵胞刺激ホルモン)の作用により、卵巣は卵胞を育てます。
生理初日を1日目として8日目で約8ミリの卵胞は、一日2ミリずつ大きくなり排卵日頃には20ミリ程の成熟卵胞となります。
卵胞は成熟するとともに、E2(エストロゲン)を分泌しエストロゲンは子宮内膜を増殖させ、排卵の数日前から頸管粘液を増やして精子の受け入れ準備をします。
妊娠しやすい日は、当たり前ですが排卵日です。
排卵日を予測する方法は
(1)前回の排卵日から推定基礎体温の最低低温日。
(2)病院の超音波検査で推定
(3)病院の血中E2(エストロゲン)やLH(黄体化ホルモン)濃度(血液検査)で推定
(4)排卵チェッカーを使う
尿中のLH量を調べます。
妊娠しやすい日は、現在でも色々な説があり迷うことが多いようです。
低温期から高温期に移る時期が排卵期。この時期に夫婦関係を持つことが一番妊娠する確率は高いものです。
実際には、いつ排卵したか否かは後でしか判らないことが多いものです。
排卵日だけに拘り、夫婦の営みも排卵日付近だけっていうのも寂しくありませんか?
ご主人にとっては大きなプレッシャーとなりうまく射精できなくなることもあるので、大らかな気持ちでいてください。
しっかりと卵胞が育っていれば、おりものの量は排卵日直前にピークとなり、透明で粘り気もあります。
精子は排卵後の寿命が12~24時間の卵子と違い48~72時間もの間、長生きします。
おりものを感じたら、1日おきでも良いのでタイミングをとってみるのも良い方法ですよ
元・聖路加国際病院産婦人科佐藤孝道先生のお話しによれば、「体温が上昇してから排卵する人もいて、基礎体温が上昇しても2~3日は妊娠の可能性がある」とのことです。

Q:排卵日にタイミングをとると必ず妊娠しますか?

A:確率的には次のようになります。
普通に性交渉があれば、1年に80%のカップルが、2年以内に90%のカップルが子宝に恵まれます。確率的には、1周期(月経の周期)に、約20%が妊娠することになります。
きちんと基礎体温を測定し、性交渉。妊娠に至るのは5人中1人の確率です。
意外に少ないと感じるかもしれませんが、前向きに捉えて次の周期に期待したいものです。
妊娠に必要なのは、温かい子宮と良い受精卵。
元気な精子と、成熟した卵子が必要です。
夫婦どちらかが悪いとかではなく、お二人が健康で仲良くお互いを尊重しあう。いつもニコニコしている仲良し、そんなパパママのところに可愛い赤ちゃんはやってきますよ。

Q:体外受精を受けてみようか悩みます

A:ご主人とよく話し合いましょう
女性の妊娠しやすさを「妊孕性(にんようせい)」といいます。
ほとんどのカップルが「自然に産みたい」と思います。
しかし、我々現代人は、「自然とかけ離れた」ライフスタイルになってしまってます。
太陽の日照時間と関係なく生活し、冷暖房の効いた環境で体温の調節も下手になり、甘いもの美味しいものばかりの偏った食生活。
睡眠時間もおろそかで、運動不足な現代人。
昔なら、最後の子供を産む年齢でやっと結婚し、妊娠しようとしているのです。
生活習慣や食生活で見直す事があれば、すぐに実践してください。
医療機関や専門家のカウンセリングもせず、自然にまかせる。これもアリですが、30半ばからは医療機関を受診して現代医学の良いところも取り入れて頑張ってみるのも全然アリですよ。
遠い国デンマークの調査では、不妊治療の成功率は不妊治療を受けたカップルの69.4%が5年以内に少なくとも一人の子供を得ています。
治療をせずに、自然妊娠に至ったカップルの割合6.6%に比べると明らかに違います。
卵管が詰まっているか、筋腫があるのか、内膜症なのか、卵管や卵巣が癒着しているのか・・・物理的にどうなのか、ホルモンのバランスがどうなのか、本当に排卵しているのか、十分な運動精子があるのか。
これらは、薬局でも鍼灸院でも整体院でも判りません。
まずは、医療機関で自然妊娠が可能か否か調べる事です。
迷っていても先にすすみませんよ。
現在、体外受精で生まれてくる赤ちゃんは1年間にどれくらい居るのでしょう。
日本国内では1年間に2万人、50人に1人といわれています。
多いと思いますか?意外に少ないですか?
妊娠はゴールではありませんよね?
元気な赤ちゃんを抱っこするまで、走り続けなくてはなりません。
あなたが頑張るなら、全力で応援させていただきます。

Q:主人がなかなか検査に協力してくれません・・・。

A:原因を特定できないと良い結果が伴わないので泌尿器科を早く受診しましょう。
男性の場合、不妊症と疑わしい時の検査で泌尿器科を受診すると
問診
視診
触診
という手順で進みます。
奥さんが不妊症で婦人科を受診している場合は、まず精液検査なんですね。
精液を奥さんの持って行ってもらって検査するか、病院で採取(自力で)します。
精子の数が少ない、元気な精子が少ない、ほとんど精子が見当たらないなど異常がありましたら程度に応じて治療を行います。
婦人科の専門分野は、あくまでも奥様の方ですので他の病院を紹介される場合も多いものです。
泌尿器科の問診は次のような質問です。
出生時の体重や発育状態
幼児期~小児期~現在までの大きな病気や怪我
停留睾丸、鼠径ヘルニアの既往の有無
耳下腺炎(おたふく)性精巣炎の既往
現在服用中のお薬やサプリメント
その他民間療法
職業について(特殊な職業か否か)
酒やタバコなど嗜好品について
次のステップに進むためには、まず専門科を受診することです。


■梅安先生の漢方劇場(UX新潟テレビ21)男性不妊について
  西山鍼灸院の院長が男性不妊について約30分お話しいたしました



Q:男性不妊にはどのようなものがありますか?

A:男性因子の不妊症(男性不妊)の原因を分類すると6つに分けることができます。
1.遺伝的原因
2.ゴナドトロピン欠乏
3.器質的障害
4.感染症
5.免疫的原因
6.原因不明
男性不妊の30%は染色体異常や造精機能異常など遺伝的要因と推定されております。
造精機能障害に対しては精子形成に必要な栄養素やホルモン補充療法が主となり、下垂体精ゴナドトロピン欠乏による乏精子症に対してはGnRH療法、ゴナドトロピン療法を行います。
当院でもご主人のご相談を受けることがあります。
鍼灸治療ではホルモン補充療法など薬物療法と同じことはできませんので必ず専門医の検査や診断を受けていただき、可能性がありそうなケースは体質改善を目的に施術をすることもあります。

Q:主人に原因があるみたいです。鍼灸治療はできますか?

A:はい。
不妊症というと、一昔前なら「女性の問題」という意識が大半でした。
晩婚晩産が多くなった現在では不妊で悩むカップルの半数は男性にも問題があると言われています。
しかし、現実は精子の検査や服薬などに非協力的なパートナーが、まだまだ多いように日頃感じております。
ご主人にも不妊の原因があるにもかかわらず、治療に先走ってしまい体調を崩す奥様も増えているように感じます。
現代ではストレスや環境ホルモン、不規則な生活や偏食など様々な因子があり、ある研究によればこの20年間に精子の量が3分の2に減少、その他の運動率の低下、奇形率が上昇傾向にあるといわれております。
昨年、日本不妊カウンセリング学会の講演で高度生殖医療研究所所長、荒木先生のお話を伺う機会がありました。
2010年WHOのラボ・マニュアル第5版を高度生殖医療技術研究所が翻訳。 検査数値の判断基準がずいぶんと下がったと感じました。 このWHOラボラトリーマニュアルは第1版が1980年に発行されて以来過去30年もの間に多くの言語に翻訳されました。
世界的標準を示すものとして認識されてきたとのことです。
基準値を決める対象者は、3大陸8か国に属し、最近父親になった男性約400~1900人の精液サンプルをもとに、精液所見の基準範囲を制定しているとのことです。
WHOの原因検査によると、
女性のみ41%
男性のみ24%
男女とも24%
不明11%
思ったより男性側の原因が多いと思いませんか?
器質的に原因があると、鍼灸治療の適応ではありませんが、昔から次のように体質を分類して治療を行います。
■冷えタイプ(腎陽虚)
■熱タイプ(腎陰虚)
■滞りタイプ(お血または痰湿タイプ)
西山鍼灸院では、ご主人のお悩みにも対応しております。
  • 不妊質問箱・西山鍼灸院
  • 不妊周期治療法の相談は西山鍼灸院へ
  • 世界のメディアが伝える不妊鍼灸治療
  • 西山鍼灸院、院長西條信義のプロフィール
Copyright © NUMBER THREE INC. all rights reserved.