新潟で漢方で体質改善
はじめての漢方相談 漢方についてQ&A 不妊症かな? 漢方西山薬局のご案内
HOME > 冷え性
体質チェック
地図はこちら
ご相談はこちらから
お問い合わせ・ご予約
025-222-8375
  
営業時間
  平日10時〜19時
  土曜10時〜17時
  管理薬剤師:西條弓子
  登録販売者:西條信義

定休日/日曜・祭日


 





質問はLINE@からどうぞ!!
@kanpou2480
検索『漢方薬の西山薬局』






寒くなると増えるご相談といえば「冷え」ですが、ここ最近は一年中冷え性相談を行っています。

女性の10人のうち7人は冷えに悩んでいる という調査結果もあるほど「冷え」は女性に多い症状です。

でも、冷えの感じ方も人それぞれ。
手足の先が冷たい人、お腹が冷える人、腰から下の下半身が冷える人、全身とにかく冷える人などいろいろです。

でも、どうして男性より女性の方が冷え症で悩んでいる人が多いのかご存知ですか?
理由は2つあります。

1つめは、女性の方が筋肉量がすくないため。

筋肉は熱をつくりだす働きがありますが、女性は男性に比べると一般的に筋肉量が少なく皮下脂肪が多いので、熱をつくりだす力が弱いのです。

2つめ目は、ホルモンのバランスが乱れやすいため。

女性は男性に比べるとホルモンの働きに敏感です。

ホルモンのバランスが乱れると、その影響で自律神経のバランスも乱れてしまします。

自律神経は、血管の収縮・拡張をコントロールしているのでホルモンバランスが乱れる→自律神経も乱れる→血行が悪くなる となって「冷え」を感じます。

「冷え」は西洋医学では病気ではないので、病院へ行っても解決しないことが多いようです。


女性にとって冷えは大敵

でもどうして「冷え」 がいけないのかご存知ですか?

手足がいつも冷たい。おなかや腰、下半身が ひんやりするなど、 女性なら一度は感じたことがありますよね。

でも、病院へ行くほどの症状ではないのでそのまま 放って置く人が多いのではないでしょうか。

「たかが冷えくらい・・・」と軽く考えてしまうのは大間違いです!

昔から「 冷えは万病のもと」といわれるように、冷えを放置しておくといろいろな障害が出てきます。

肩こり・クマやくすみ・肌荒れ・ 生理痛・太りやすい・老けやすい・・・など女性にとってこの好ましくない状況を引き起こすこともあります。

冷えによって体温が低下してしまうと、新陳代謝が低下してしまい内臓の働きも低下してしまいます。
そうすると体の 免疫力も低下してしまい、 病気にかかる危険率がアップしてしまいます。


でも、漢方は「冷え」を改善することが得意です。

漢方では、冷えを引き起こす原因は4つのタイプに分けられると考えます。

●オ血(おけつ)の冷え

オ血(おけつ)=血行が悪くなっていて、栄養分でもある血が体の隅々まで行きわたらなくなって冷えるタイプ。

冷えの他にも頭痛や肩こり、生理痛など血行が悪いことによって起こる症状を抱えていることが多いです。

このタイプは、血行を良くすることで体を温めます。
漢方薬は、冠元顆粒(かんげんかりゅう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、田七人参(でんしちにんじん)など血行を改善するものを用います。
 


●気と血が不足した冷え

体の栄養分である血と熱を発したり、血を体の隅々まで運ぶ気が不足している状態の冷えるタイプ。

貧血や立ちくらみ、疲れやすい、風邪をひきやすいなどの症状を伴うことが多いです。
女性は生理や出産で血を消耗しがちなので、冷えの中では1番多いタイプです。

血や気を補って体を温めます。

漢方薬は、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)など血液や元気を補うものを用います。




●気のめぐりが悪い冷え

気は体のエネルギーであると同時に、血や熱を体の隅々まで運ぶ役目をしていますが、その気が巡らなくなり血行悪くなってしまい起こるタイプ。

イライラと怒りっぽい、胸やお腹が張るやPMS(月経前症候群)などの症状を伴うことが多いです。
気のめぐりを整えて、血行を良くして体を温めます。

漢方薬は、逍遥丸(しょうようがん)や四逆散(しぎゃくさん)などを用います。




●体を温める力自体が不足している冷え

体の温める熱エネルギーが不足したタイプ。

寒がり、腰痛、むくみや倦怠感などなどの症状がみられ加齢から来ることもあります。
このタイプは温める力を補って体を温めます。

漢方薬は、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)や海馬補腎丸(かいまほじんがん) 、八味地黄丸(はちみじおうがん)などを用います。





いかがでしたか?一口に「冷え」と言っても原因はいろいろです。

タイプ別に漢方薬を選んで服用すれば、冷え を体の内側からは改善 することができます。
冷え性でお悩みの方は、西山薬局までご相談ください。

皮膚病とスキンケアと食養生ならお任せください。
日本中医薬研究会正会員
新潟県薬剤師会会員
西山薬局管理薬剤師 西條弓子

※ご相談は予約制です。必ずご予約ください。
↓↓↓





質問はLINE@からどうぞ!! @kanpou2480 検索『漢方薬の西山薬局』

このページのTOPへ
トップページへ戻る
Copyright(C)2007 西山薬局 All Rights Reserved.
西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通4番町221番地
TEL 025-222-8375
個人情報について