新潟で漢方で体質改善
はじめての漢方相談 漢方についてQ&A 不妊症かな? 漢方西山薬局のご予約について
HOME > 西山薬局のご案内




体質チェック
不妊周期療法とは?
不妊症Q&A 質問箱
漢方についてのリンク
地図はこちら
ご相談はこちらから

相談薬局 漢方薬


営業時間
  平日10時〜19時
  土曜10時〜17時
  管理薬剤師:西條弓子
  登録販売者:西條信義

定休日/日曜・祭日

ご予約・お問い合わせ
025-222-8375



2017年全国実力薬局100選
「漢方・相談部門」受賞しました
http://kampo100.com/




2017年全国実力薬局100選
「子宝部門」受賞しました
http://funin100.com/

西山薬局のご案内

漢方薬の西山薬局はライト兄弟が飛行機による有人動力飛行(飛行機)に世界で初めて成功したのが1903年。その2年前、明治三十四年(1901年)より漢方専門薬局として100年以上現在の店舗(新潟市中央区本町通四番町)にて変わらず営業しております。

新潟市内・県内外のみならず、近年はオーストラリア、フランス、ドイツなど海外からもお客様がご来店されています。現在ではacupuncture(鍼灸治療)も積極的に取り入れ、お客様の悩みの症状・体調・体質をじっくり伺い、オーダーメード漢方・acupuncture(鍼灸治療)の両面でサポートしています。

 

当店で多いご相談の内容は、1位 婦人科系疾患、2位 不妊症、3位アトピー性皮膚炎などの皮膚病、4位 糖尿病、5位 ダイエットとなります。
 最近では、「男性不妊」、「花粉症」、「自律神経失調」、「男性更年期」が増えています。

 

漢方薬は治療に用いることはもちろん、予防的に使っていただく処方も多いものです。我々日本人が先祖代々健康の柱として養生に使用してきたのは「漢方薬」です。誰にでも効く健康食品など、あるわけないのです。
 あなたに合った漢方を一緒に考えます。何を飲んだらよいか?誰に相談したらよいか?今後の見通しはどうなのか?これらのお悩みには漢方専門薬局にご相談ください。

 

日本の伝統医学である「漢方薬」を使った自然な身体づくりを、サポート致します。
 ご相談は、ご予約の方が優先になりますので、025-222-8375までご予約お願いいたします。


                    動画で紹介「漢方薬はどんなもの?」

        

     

西條弓子 (にしじょう ゆみこ) 先生
(旧姓西山)

新潟薬科大学薬学部卒業 

薬剤師国家資格取得
新潟市学校薬剤師部会委員
全国自然薬研究会 自然薬師
日本中医薬研究会会員
新潟中医薬研究会会員
「皮膚病・アトピー・小児疾患
     生活習慣病・ダイエットなど」



西條信義 (にしじょう のぶよし) 先生

 西山薬局 代表取締役社長
 日本不妊カウンセリング学会
 不妊カウンセラー
 日本中医薬研究会正会員
 新潟中医薬研究会副会長
 統合医療生殖学会正会員
 中国政府国際中医師
 新潟県登録販売者
 鍼灸師国家資格取得

 【中国研修経歴】
 上海中医薬大学 acupuncture
 上海市静安区中心病院針灸科
 雲南省中医医院
 江蘇省中医医院(南京中医薬大学附属病院)
    /中医婦人科(不妊症)修了認定証授与
 

■店舗名称 西山薬局
■事業内容 医薬品・薬局製造医薬品・健康食品等販売

【行政機関の許可】
許可区分 薬局  許可番号 許可新市 第278号
氏名 有限会社ニシヤマ
薬局の名称 西山薬局
薬局の所在地 新潟市中央区本町通四番町221番地
所轄機関 新潟市保健所
有効期間 平成27年4月16日〜平成33年4月15日

許可区分 薬局製造販売医薬品製造販売業許可証 許可番号 製販新市 第27号
氏名 有限会社ニシヤマ
主たる機能を有する事務所の名称 西山薬局
主たる機能を有する事務所の所在地 新潟市中央区本町通四番町221番地
所轄機関 新潟市保健所
有効期間 平成22年11月1日〜平成28年10月31日

許可区分 医薬品製造業許可証 許可番号 製造新市 第27号
氏名 有限会社ニシヤマ
製造所の氏名 西山薬局
製造所の所在地 新潟市中央区本町通四番町221番地
許可の区分 薬局製造販売医薬品所轄機関 新潟市保健所
有効期間 平成22年11月1日〜平成28年10月31日

■薬局・店舗管理者氏名 西條弓子
■勤務する有資格者 薬剤師:西條弓子 登録販売者:西條信義
            (非常勤薬剤師:西山宏 登録販売者:西山恵子)
■取り扱い医薬品 一般用医薬品(二類、三類)、薬局製造医薬品(煎じ薬)、生薬
■勤務者の資格確認 名札および店舗内の資格者証掲示
■店舗営業時間 平日10時〜19時、土曜10時〜17時 日祭定休
■特定販売時間 平日19時30分〜23時にスカイプまたはハングアウト予約相談のみ
■通常相談連絡先 025−222−8375 平日・土曜 10時〜17時
■緊急時連絡先 kanpou□kanpou-nishiyama.com (□が@です)

■医薬品の区分と情報提供について

区分 要指導医薬品 一般用医薬品
第1類医薬品 指定第2類
医薬品
第2類
医薬品
第3類
医薬品
定義及び
説明
新医薬品等で、安全性に関する調査期間中の医薬品、劇薬及び劇薬のうち厚生労働大臣が指定する医薬品 特にリスクの高い医薬品 リスクが比較的高く特に注意を要する医薬品 リスクが比較的高い医薬品 リスクが比較的低い医薬品
表示 要指導医薬品 第1類医薬品 第2類(数字の2は丸または四角で囲う)医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
対応する
専門家
薬剤師 薬剤師または登録販売者
情報提供 義務(書面等で) 努力義務
服用してはいけない人や使用について注意すること等の情報提供を受けてください。
努力義務 規定なし
陳列方法 薬剤師が対面で情報提供するため、お客様が直接手に取れない陳列(区分)となっております。
ご希望のお客様は管理薬剤師にお申し付けください。管理薬剤師不在の場合は売り場を閉鎖いたします。
一度に大量購入ができないように、医薬品は相談後にお渡ししております。
薬剤師または登録販売者が対面で販売し、お客様が商品を手に取って購入できないような陳列(区分)になっております。購入の際は専門家にご相談ください。
相談があった
場合の対応
義務(すべての医薬品に対するご相談に対応しております)



医薬品による健康被害救済制度をご存じですか?
薬や医療機器は人の健康、命を守るために必要なものです。
しかし正しい使い方をしても副作用を 完全に防止することは難しく、時には健康を損なってしまうこがあります。一定の 健康被害 ( 入院を 必要とする程度の疾病または障害、死亡 ) がでた場合に、医療費の給付などを行い、救済を図る制度が あります。それが健康被害救済制度です。
独立行政法人医薬品医療機器総合機構法 (平成14年法律 192 号) に基づく 2 つの公的な制度からなります。

1.医薬品副作用被害救済制度
病院・診療所で投薬された医薬品、薬局などで購入した医薬品を 適正に使用したにもかかわらず発生した副作用により、入院が必要な 程度の疾病や障害などの健康被害について救済給付をする制度です。

2.生物由来製品感染等被害救済制度
生物由来製品を適正に使用したにもかかわらず、その製品を介して 感染などにかかり、入院が必要な程度の疾病や障害などの健康被害に ついて救済給付をする制度です。
感染後の発症を予防するための治療や二次感染者なども救済の対象となります。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
電話:0120-149-931(フリーダイヤル) 
携帯電話・公衆電話から:03-3506-9411
受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)午前9時から午後5時30分

■個人情報の取り扱いについて  こちらをご覧ください。



■2014/04 NSTテレビ・スーパーニュース 県内の妊活事情について取材を受けました
  

  

  



■2013/05 財界にいがたの取材を受けました


〜国内で6組に1組の夫婦が不妊に悩まされていると言われる昨今、その原因は女性に限らず男性にもある。
 漢方薬局・西山薬局(新潟市中央区)の西條信義社長は県内薬局スタッフで唯一の「不妊カウンセラー」。漢方の考えに基づいた助言と処方で、悩める夫婦の手助けを行っている。
男性からは縁遠いと思われがちな不妊の世界を語ってもらった・・・〜



■2012/08/23 新潟日報の取材を受けました



〜不妊症に悩む人の相談を受ける「不妊カウンセラー」に新潟市中央区の薬局で漢方相談を行う西條信義さんが認定された。県内のカウンセラーの数は少なく、相談も病院などの医療施設に限られる。まちの薬局スタッフの資格取得は県内では初のケース・・・

 県産婦人科医会の徳永昭輝会長は「カウンセラーのいない医療機関も多く、薬局と連携することで、よりよい結果を出せるかもしれない」と期待する・・・〜


プライバシーを考慮した環境



 

西山薬局駐車場2台分あります

煎じ薬 薬草 民間薬

スタンダードな煎じ薬もあります

西山薬局は明治34年、現在の店舗の場所に誕生しました。 西山家は、江戸時代から代々続く材木問屋でしたが、足の悪い吉郎は材木業を廃業。 新たに薬種商をはじめました。 当時から漢方薬をはじめ新薬(西洋医学のお薬)も取り扱い、 近隣のお客様はもちろん遠方からもたくさんのお客様にご利用いただいておりました。

従業員さんとツーショットで。

昭和30年代のヒット商品 パントテン酸(ビタミン剤)。


本町通の子供達!

本町通には子供達がたくさん!


新潟祭りの山車が本町通を行くところです。

民謡名流しでしょうか?


お姫様??

東堀or西堀も昔は船が・・・。


      不妊症 西山薬局
         スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております♪




 国際中医師について

           国際中医師合格証書 

国際中医師試験は、中国政府(衛生部、国家中医薬管理局)が国際的に中医師レベル(中国の漢方医師)を認定する試験制度として日本では1996年から始まりました。

世界各地に鍼灸師を始めとする中医薬医療の従事者が多数存在しているにも拘らず、客観的な技能・能力の評価基準が存在せず、各人のレベル差も大きいことから、中医学に対する誤解が生じトラブルも多発していました。

 

そこで、1991年中国政府及び世界保健機構(WHO)の援助を受けて試験センターを設立し、中国スタンダードによる能力認定を開始。これまでに韓国、日本、シンガポール、ニュージーランド、マレーシア、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、イスラエル、ブラジル、アルゼンチン、ベルギー、フランス、スイス、スペインなど20数カ国及び台湾、香港、マカオの中医学従事者が受験しました

 

2003年に世界中医薬学会連合会が成立し、上記の試験の主催はセンターから世界中医薬学会連合会に移されました。1991年第1回の開催から、国際中医師能力試験、国際鍼灸医師能力試験、をすでに100回以上行い、英語、フランス語、日本語、韓国語などの言語で試験を開催。世界で延べ5000名の受験生のうち、4000名あまりが合格証書を受け取っています。


国際中医師試験は、中国政府が公認している日本で唯一の検定試験です。これに合格すると、中国政府公認の漢方アドバイザーという事になります。
日本国内では医療資格ではなく医療行為は出来ませんのでご注意ください。

このページのTOPへ
トップページへ戻る
Copyright(C)2007 西山薬局 All Rights Reserved.
  新潟市中央区本町通4番町221番地TEL 025-222-8375 個人情報について